■組立説明書・パーツ  2018/8/1

●実艦データ(改装後)
  基準排水量:36,500トン、
  公試排水量:41,300トン、
  全長:260.67m、水線長:250.36m、
  最大幅:31.32m、平均喫水:8.71m、
  馬力:133,000馬力、速力:31.2ノット、
  飛行甲板:249.2×30.5、
  20p50口径単装砲6基、
  12p45口径連装高角砲6基、25o連装機銃14基

ニチモ1/500の「赤城」を真珠湾攻撃当時で作製します。
エッジングパーツには、GOLD MEDAL MODELS 1/500「日本海軍航空母艦用」を使用します。

組立前の各パーツ


























                                                       ←

飛行甲板

■喫水線  2018/8/5

喫水線の深さを事前に計測しておきます。

計測値:1.75p
資料上の喫水:8.71m ⇒ 871p/500=1.742p





                                                                      ←

■舵取り付け穴修正  2018/8/8

舵の取付穴が、大きかったのでパイプで埋めて、小さくしています。








                                                                      ←

■ネームプレート  2018/8/9

飾り台を作るに当たり、まず名盤を作ります。
0.5ミリのプラ版を「赤城」に切り出し、透明プラ版に貼り付けます。

■飾り台支柱  2018/8/9

メッキ塗装のまま組み立てると、継ぎ目の処理が出来ないので、メッキを剥がします。

@インターネットの情報を参考に、まず、アクリル溶剤で金を溶かします。
結果として、全て銀色となります。

A次に、塩素系漂白剤を2倍ほどに薄めた液に部品を浸すと、20分ほどで銀色が溶けて素材のプラスチックの地が出てきます。
当たり前の事ですが、部品は水で洗浄します。











×
▼日付