浮沈の模型艦隊
磯風前景

 昭和20年4月「天一号作戦」沖縄出撃(第二艦隊・第十七駆逐隊)当時を再現した、
 ディスプレーモデルです。
 塗装は、かなり暗めにして凸出している箇所は、明るく着色してあります。               
艦橋1
艦橋2艦橋3

 写真を参考に、再現しています。マストは、真鍮線て作製しています。
主砲1主砲2
発射管1発射管2

 ジャッキステイ・ステップは、かなり細かく取り付けています。
 砲塔からは、伝声菅を艦橋に這わせています。
機銃1機銃2
機銃3機銃4

 艦橋前は連装、その他は3連装としました。
 単装は、キットの説明書を参考に取り付けています。
煙突1煙突2
煙突3煙突4

 煙突が曲面のため、ジャッキステイの取り付けは、いつも苦労させられます。
 磯風では、煙突の菊水マークは書かれていたようです。しかし、キャンパスに書かれたものを張ったと
 の説もあります。
後檣

 マストは、真鍮線で造り直しました。日章旗は紙に両面印刷した物を切り取って掲げています。
磯風艦首1磯風艦首2
艦尾1艦尾2

 旗竿は艦首・艦尾共に倒した状態としました。
 爆雷は、エッジングパーツとしました。
ランチ
カッター

 ランチは内部を削り、窓を開口しました。
 固定用のロープは、資料にもとづき再現し、前に作った艦よりかなり正確に張れていると思います。
磯風全景1
磯風全景2
磯風全景3

 陽炎型は、何故か作製に手間がかかるように思います。
 今回、船体の鋼板の表現をしていません。空中線は0.08mmの銅線を使用しています。
探照灯装備品
船台

 サーチライトは、エッジングパーツを使用し、搭載している木材は古いバルサ材を使っています。
 船台は、キットの物をそのまま使っています。
 ジャッキステイは、さらに細かく付けられるようになりました。
 手摺に張ってあるキャンパスは、紙ナプキンを使うことでうまくいったように思います。
 今回も、製作期間の短縮は出来なかったと思います。