■組立説明書 2017/4/7
ニチモ1/500の「翔鶴」をディスプレー模型として作製します。
先に作製した飛龍同様、真珠湾攻撃時の状態で作製する予定です。
部品点数は、あまり多くはありません。パワーモデルとしても組立られる、古い模型なので部品もあまり細かくないと思われます。
まず、消えてしまうだろう船体の喫水線の高さ(27ミリ)を計測しておきます。ビルジキールは、分厚く形成されているので、削って薄くする必要があると思われます。
組立
■船体内部の組立 2017/4/10
ディスプレーモデルとして組み立てるので、この項目の組立は関係ありませんが、船体の補強・重りの追加などを行います。
更に、飾り台取付の為のナットも取り付けます。
船内
ビルジキールを薄く削るに当たって、ビルジキールの裏をパテで埋めて補強します。
飛行甲板の幅に合わせて船体上部を広げる補強材を取り付けています。
転倒防止の重りとして、使わない半田・ナット等を取り付けています。
船台を取り付ける為のナットを埋め込んでいます。
4/14
ビルジキールを薄く削り込んだので、補強した内部のパテが出てきています。
また、パテに気泡が入っていたので、舜着でかなり埋める必要がありました。
これでもまだ厚いと思われます。
艦首と艦尾の錨をつなぐ鎖を通す穴を開けています。
飛龍作成時の写真を参考に穴の口を盛っています。
艦尾については、甲板の鎖の巻き上げ穴に合わせて一つにしています。
側舷の丸窓を全て開口します。
側舷の部品の取付。
4/16
■船体の組立 2017/4/17
甲板の鎖のモールドを削り、新しく鎖を付ける穴を開けています。
艦首と同じく、甲板の鎖のモールドを削り、鎖を付ける穴を開けています。
艦首からの写真で鋼板の幅が推定できますが、完成後の写真から側舷に細い補強版の様な線があります。 また艦尾に行くと、下方向に波を打った様になっています。
船体
飛行甲板と船体の隙間を補正しています。
4/19
甲板の継ぎ目を筋彫りしています。
5/1
舵に補強版を追加しています。
5/4
■スポンソンなどの取付 2017/5/4
スポンソン
縦舵調整所の一部を開口し、説明書通りに組み立てます。
スポンソン裏側の足りないと思われる、支柱を追加して取り付けています。
5/8
スポンソン表の丸を消す為に、汎用のエッジングパーツを貼り付けて修正します。
左舷船首に、汎用のエッジングパーツで丸跡を消した、スポンソンを取付。
5/9
対空砲用スポンソン裏の補強材を追加しています。
5/11
5/19
左舷の各スポンソン裏の補強材を追加しています。
右舷の各スポンソン裏の補強材を追加しています。
艦首、菊の紋基礎部分をディテールアップします。
5/20
■プロペラ軸 2017/5/21
プロペラ軸
プロペラの軸は、軸受けと一体化していたので切り離して、軸を真鍮線(0.8ミリ)にします。
舵を取り付ける穴は、舵をゴムで取り付ける様に、かなり大きい穴が開いていたので、プラ棒で埋めて調整しています。
■側舷 2017/5/23
側舷
 写真で一部の甲板が、盛り上がって見えたのでこの部分だけ、この部分だけサーフェインサーを厚く塗る事にしました。
■支柱追加 2017/5/25
支柱
 スポンソン裏の足りないと思われる支柱を追加します。
5/26
5/29
×
     先頭  → 
     船内  → 
     船体  → 
  スポンソン
  プロペラ軸
     側舷  
    支柱追加→ 
2017年 4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2017年 5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31